​​はじめまして・・・・

​​ストリートハンドボールご紹介

このページは、デンマーク在住の創設者soren guldberg kjerが考案するストリートハンドボールの紹介です。

ストリートハンドボールはデンマーク国内だけではなく世界中に広まり、現在は13カ国が活動をしています。

日本では協力協定を結んだ渡辺広幸が窓口となり、活動の取り組み方などを日本全国にご紹介させて頂いております。

ストリートハンドボールは何方にでも自由に活動をお願いしています。

このホームページは、インターナショナルストリートハンドボールホームページと連動されています。

日本国内の方のお問い合わせページはここからお願いします。海外の方はインターナショナルの方へお問い合わせ願います。

line_316469520702087.jpg

ストリートハンドボールの活動上の留意点

 

◆楽しみながら、適切な活動を行いましょう♪

(1)子どもを対象とする場合は、特にも発育発達に適した練習メニューを提供して個々の技能を伸ばすことを優先し、楽しく適切な活動を心掛けましょう!

※(公財)日本体育協会「アクティブチャイルドプログラム」の「指導のノウハウ」、

「安全管理上の配慮事項」、「指導者と保護者のためのチェックリスト」を参照のこと。

http://www.japan-sports.or.jp/portals/0/acp/index.html

(2)ラインマーカー、跳び箱、マット、フラフープ及び平均台などを活用して、子ども達が楽しみながら練習できる環境を工夫しましょう!

Unknown Track - Unknown Artist
00:00 / 00:00

ストリートハンドボールの普及について

 

世界的な時代の潮流として、陸上・体操・バスケ・バレー・ラグビー等の複数競技で“ストリート○○”と称する街中イベント型スポーツの普及活動が台頭する中、ストリートハンドボール(以下、「SH」)は、デンマークにおいて2006年に考案されて以来、デンマークハンドボール協会の重要プロジェクトとして位置付けられ、国内外で積極的な普及活動が展開されています。

近年、企業等とのパートナーシップ、観客獲得競争及び急成長を遂げるスポーツ(イベント)の出現などスポーツを取り巻く環境の変化は一層激化する傾向にあり、今年4月、スポーツ庁から示された「第2期スポーツ基本計画」では、“限界へ挑戦する競技”とともに、“健康や仲間との交流など多様な目的で行う”スポーツ参画人口の拡大を目指すことが謳われています。

2017年3月末現在、国内のSH活動実績のある北海道札幌市・函館市、岩手県花巻市、茨城県つくば市及び埼玉県吉川市の各有志と情報共有を図りながら、鋭意普及活動の輪を拡げています。価値観の変化やミレニアル世代に支持を受けることのできる環境づくりが求められる中、SHの普及を通してハンドボールの魅力を広くPRして、競技人口とファン層の拡大を図っていきましょう。

​日本のストリートハンドボールを皆様と共に創ってまいりましょう。

 

DSC_2476.JPG

アウトドアハンドボールを真剣に取ります!#streethbevent #streethandball#streethåndbold#sh2goals #shvolunteer

2019 Street Handball Logo. blのコピー.jpg